Business overview事業案内

事業案内

出典:一般社団法人日本電設工業協会 パンフレット「電設業界へようこそ」

1電源設備

電源設備には、電力会社より6600Vで受電し100Vや200Vに変電して、各負荷に電力を供給する受変電設備や、停電災害時に消火栓ポンプや非常照明などの防災設備に電源を供給する発電機設備などが有ります。
また、自然エネルギーを利用した太陽光発電設備の設置も普及しております。いろんな設備に良質な電気を安定して供給する部分で、建物の心臓部とも言えます。

2照明設備

照明はその目的に応じ空間を明るくして快適な視環境をつくります。また空間に雰囲気を持たせたり、建築のデザインの重要な部分となったりして、電気設備の中で一番目に入りやすい部分です。近年ではLED照明が主流になりつつあります。また、無駄な点灯を制御し省エネ化をはかり、レイアウト替えにも簡単に変更できる、快適な照明制御システム等もあります。屋外では、道路照明やトンネル内照明、野球場照明など様々な状況に応じた設備があり、それに対応する知識と技術が要求されます。

3通信情報設備

住宅やビルなどにおいて、社会のあらゆる建物において必要とされるコミュニケーション機能及び、防犯などの観点から必要な設備です。その中には、電話設備、放送設備、インターホン設備、テレビ共聴設備、監視カメラ設備などが有ります。
最近ではマルチメディア化が進み、情報通信ネットワーク配線システムも増加しています。

4防災設備

人の生命や財産を守るため、消防法や建築基準法などに基づき、警報、避難、消火設備を適切に設置します。その中には、火災報知設備、非常放送設備、誘導灯・非常照明設備、非常電源設備などが有ります。

5光ケーブル設備

高度情報化社会において、大容量の各情報を伝送するのに有効な光ケーブルの採用は、ますます増えていくものと思われます。当社も数多くの施工実績をもっています。